紙のダイアリー

主にカードゲームについて書き連ねる予定です

【WIXOSS 】GLOWING DIVAを調査する

f:id:Pakushin:20210123201930j:image

どうも。ぱっくです。

突然ですが皆さん。

ディーヴァセレクション(通称ディーセレ)、してますか?

 

僕は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

してます。(No Limitだぁいすき)(22歳男性)(ノーリミキッズ)

 

0弾で遊ぶ機会を大学とコロナに奪われたのでディーセレ本格参入がこの第1弾「GLOWING DIVA」になりました。No LimitCard JockeyうちゅうのはじまりDIAGRAMの4チームが遂にウィクロスに本格参戦!ウィクロスキッズ7年生、テンションが上がらないわけがありません。取り敢えず最初のデッキは自分の好みで選ぼう!ということで

f:id:Pakushin:20210123202558j:image

No Limitに決めました。決め手はセンターの顔(となんか横にいる子の乳)

 

長らく忙しく、ウィクロス界の浦島太郎と化してしまったので、デッキは他人の構築を自分の肌に合うようにチマチマチマチマ調整していった形になっています。そのため今回は自分で使っているNo Limitの解説がほとんどできません。

 

-fin-

 

 

 

 

 

 

というわけにもいかないので、今回はGLOWING DIVA収録カードのうち、SRに絞り、周囲でどのような採用のされ方をされているか、個人的な評価を交えつつ見ていきたいと思います。

 

1.聖天姫 アークゲイン

f:id:Pakushin:20210123205234j:image

採用検討チーム:Card Jockey/うちゅうのはじまり/No Limit/さんばか

またも今弾トップレアと化してしまったアークゲイン。過去のルリグ以外の効果を弾くあの絶対的耐性は相手ターン中のシャドウで再現されています。また、cipもかなり優秀でサーバントを探しに行くことも、要求札を探しに行くことも可能です。LBも面開け防御、ドローと腐りにくい点も優秀です。単体での要求性能がなく、空いた面に置くのが強いタイプのカード。

現状、デッキに入れたとき「最も簡単に結果を出してくれるシグニ」だと思っています。自分のデッキが「アークゲインを何回倒せる」か、また「アークゲインの上から何点取れる」かをしっかり意識しておかないと簡単に詰まされてしまうかもしれません。

 

後こいつ馬鹿みたいにたっけぇ。何考えてんだ5000円買取って

 

2.羅星姫 リーブラー

f:id:Pakushin:20210123210427j:image

採用検討チーム:?

何枚かあったLv1シグニ参照する効果ですが、汎用白SRである相方のアークゲインがバグみたいな性能をしている割に効果がなんだこいつやる気あんのかと感じてしまいます。

相手にエナを与えない戦術は時に有効です。Go to the Top!による3ランデスと絡めて相手の防御用アシストルリグを使えない状況にしてしまえば、一気に攻め込むことができます。

単体での要求性能が著しく低い割に妨害効果も地味なので、今後の開拓に期待のカードです。

 

3.コードハート Pロマピ

f:id:Pakushin:20210123211226j:image

採用検討チーム:Card Jockey

実質Card Jockey限定カード。相手のルリグアタックに牽制を掛ける常時効果、手札増強のcipを持っており、Card Jockeyのテーマと非常に噛み合った能力をしています。単体で空中の1点を生みやすいカードでありながら、周囲のサポートでランサーやアサシンを付与されたり、空いた面の前に出されたりすることで、一段階先の圧を感じる要求札と化します。

セレモニー上位入賞常連のプレイヤーも高く評価しているCard Jockey、その中核を担うカードと言えるでしょう。

 

4.紅将姫 ノブナガ

f:id:Pakushin:20210125114403j:image

採用検討チーム:No Limit/Card Jockey/アンシエント・サプライズ

手札を2枚使う代わりにダブルクラッシュと一面焼きを兼ね備えています。ここ数日の間で多くのプレイヤーからの評価を受けている隠れ(てもない)強カード。

LBで防御とすることが多く、確定防御面数が少なめなディーセレにおいて、ダブルクラッシュが現実的なリソース量で使えるのは魅力的ですね。

また、パワー13000も地味ながら優秀で、相手のデッキによってはアークゲインと遜色ない場持ちの良さを発揮するかもしれません。

 

5.羅輝石 ローズクォーツ

f:id:Pakushin:20210125115152j:image

採用検討チーム:No Limit

実質ノーリミ限定。

12000以下焼きは先述のPロマピをはじめ、後述のフェンリルロビンフッド、ランリョウオーなど盤面に残したくないシグニを除去するのに非常に強力です。しかし、先述のノブナガの評価向上や前弾のマルスの採用等で採用枚数を検討しているプレイヤーが多い印象です。

アタック時の手札2枚交換はサーバントを探しに行くのに使うことが多いです。僕は運がいいのでこの効果はほとんど使いません。

 

6.蒼魔姫 フェンリル

f:id:Pakushin:20210125120311j:image

採用検討チーム:うちゅうのはじまり

実質うちゅう限定。

cip効果に関してはビーカーもレイノルズも泣いてます。凍結シグニを起こす現実的な方法がプールに2種のライズシグニしかなく、アークゲインによるシャドウで凍結を弾くかリムーブ権を行使しないと殴られなくてもカウンターがしにくくなってしまいます。

はんぱない⭐︎でぃすとらくしょんで相手の手札を叩き落とせるうちゅうのはじまりですが、足りない分やLBで増えた分を上手いことはたき落とせるのは、このカードの恩恵が大きいと思います。

 

7.羅星姫 サタン

f:id:Pakushin:20210125121033j:image

採用検討チーム:?

なんかすげぇこと書いてあるのは間違いないはずなんだけど本当にわからない。今後の開拓に期待します。

リーブラーと合わせて使ったら面白いかもしれないですね。うちゅうのはじまりでしか再現できないけども。

 

8.翠将姫 ロビンフッド

f:id:Pakushin:20210125121615j:image

採用検討チーム:Card Jockey/うちゅうのはじまり

自分のシグニ(特にアークゲインやバチョウといった相手ターン中シャドウ持ち)を相手のLBから守った上で相手のアークゲインの上から点を取れるという画期的な一枚。

相手のLB等でロビンフッド自体が場を離れたとしても裏返したシグニは表になってくれるらしいので、実質的に防御力を引き上げてくれる一枚と言えるでしょう。

週間エモ太郎の言葉を借りると、「ゲーム中に地上で取れる点数が決まっている」うちゅうのはじまりは、特に貴重な1打点として採用することができます。

個人的に激推しの一枚です。使われて「強っ」ってなりました。

 

9.コードラビリント クイン

f:id:Pakushin:20210125122816j:image

採用検討チーム:アンシエ…あれ?

何故下の自動効果は自分のシグニの移動に反応しないんだ。ウムルが泣いてるぞ

緑でパワーマイナス効果は初登場な気がしますが、どうでしたか。

 

10.幻獣神 オサキツネ

f:id:Pakushin:20210125123024j:image

採用検討チーム:アンシエント・サプライズ

自動効果、cip共にそこそこ優秀に見えるんですが、採用率自体は高くない印象です。

今後パワーを上げることが大切になってきたり、エナチャージの査定が緩くなってきたりした時に活躍が見込めるカードではないでしょうか。現状だとアンシエント・サプライズでは使いやすそうに見えますね。

 

11.大装 ダークエナジェ

f:id:Pakushin:20210125123525j:image

採用検討チーム:DIAGRAM

パワーマイナス値自体は控えめなものの、ゲーム終盤にならないとリミット8にならないことが多いため単体でもLv1シグニやランスロット等Lv2の一部シグニを除去できることがあります。見た目よりも要求能力のあるカードだと思っています。

 

12.ドライ=ランリョウオー

f:id:Pakushin:20210125124030j:image

採用検討チーム:DIAGRAM

こいつマジでイかれてる。

LBを防御として、ライフクロス自体をエナ1枚としてカウントしたいディーセレにおいてリフダメなんて食らってたら身が保ちません。

さらにデッキ破壊によって本来デッキから引けるはずだったサーバントが落ちたり、要求の要のカードが落ちたりした暁にはもうそれだけで大損害です。

しかもちゃっかりcipでパワーマイナス持ってるし、なんか自分のトラッシュ増えてたらその数値が増えます。

全然150円の性能じゃないです。DIAGRAMの強さの中核はこのカードが担っているんじゃないかと、少なくとも僕はそう思います。

 

 

総評

現段階では評価しにくいカードは直接要求や妨害に絡んでこないものになるかなぁと思いました。

ディーセレの特性上わかりやすく点が取れるカードは早い段階で評価を受け、簡単に点を通さなかったり、構築の幅を広げるために採用されて評価を受けたカードはジワジワと広がってきている印象です。アークゲインやPロマピ、ローズクォーツフェンリル辺りは前者、ロビンフッドやノブナガは後者でしょうか。

ゲーム性が大きく変わることなくこのバランスを保つのであれば、この先の弾でもわかりやすく強いカードには初動から高い値段がつくことも考えられますね。アークゲインおかしいだろ、なぁ。

 

最後に

久しぶりにウィクロスについて書きました。リメンバを失った分新たにヒラナを見つけたので、しばらくディーセレは遊べそうです。

今回のカード評価を受けて、「こいつの使い方はこうだ!」とか「あいつの評価はそんな高くないぞ!」といったコメントはどんどん募集中です!できればTwitterよりもブログのコメントに書き殴ってくれると助かります。

それでは今日はこの辺で。

 

p.s

ウィクロスでのオンライン企画を鋭意推敲中です。近日中に発表できればと思っています。このブログか筆者のTwitter→(@packpakushin)で確認していただければ幸いです。なんとかできるように頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完全にz○ei○a○ceパクったね。

 

 

【雑記】久しぶりだな

ども。お久しぶりのぱっくです。

年の瀬になってしまいました。最後の更新が7ヶ月前ってマジ?

 

この約半年は世の中の情勢的にも動きにくかった上、自分の将来のかかった大事な時間だったので更新がかなり滞りました。まあ別にこんな書き殴り系ブログ楽しみにしてる人なんておらんやろの精神なので平気で長期休業するんですよね(前科一犯)

取り敢えずは2020年こいつ何してたん?という身の上の話を少ししておこうと思います。

 

1.社会に出る準備

f:id:Pakushin:20201231172215j:image

まあ一番はここですね。僕の同期も何人か悲鳴を上げながら就活なり試験なり受けていました。

仲のいい人には伝えてますが、一応4月からはお国に仕える者になります。10月くらいまでは概ねこれに費やしていました。

また、10月からはそもそも大学から出してもらうために卒論をチマチマ進めていました。まあ文系なんで理系の実験やってる人とかと比べたら、文献読んで考えを整理しての繰り返しなのでバカほど楽だったと思います。

来年以降生きていけるのか不安な面と、新しい生活への期待が半々って感じの心境です。

 

2.スマブラしてた

f:id:Pakushin:20201231171515j:image

今年は家から出ない風潮が強かったので、カードゲームがしにくい状況でした。そこで、それまで強い人に教えてもらいながらやっていたスマブラに真面目に取り組んでみようと思い、実践してみました。

おかげさまで10月にはメインキャラとして使っているジョーカー、キャラ変更前に使っていて貯金があったルカリオをVIP(上位5%?とからしいです。ほんとかよ)に入れることができました。

購入当初はピカチュウが勝手に崖外に電光石火して落ちていくような奴でも、適切な指導と本人の努力があれば伸びるんだなぁとしみじみ感じましたね。

余談ですが、Among Usもやってました。理路整然とできることを目標としてますが無理ですね、ええ。

 

3.なんだかんだ紙

f:id:Pakushin:20201231200802j:image

死にました。お疲れぃ!w

キーセレは界隈全体を通して下火でありながらその中でも最下層の下火、オールスターは主力であったペルセデスと御伽原江良の大幅弱体化によってリメンバ使う気力が0になりました。

ディーヴァについては1弾から本格的にやろうかなーと思っていますが0弾現在タウィルにわからされ続けています。

今はWSに逃亡気味です。シャニマス来るしね。

 

好きなことは大事にしていた

なんだかんだ将来のために努めつつも好きなことは手放さないようにしていました。時には多少無茶でも時間を割いて遊ぶことで、精神的にはかなり余裕を持って様々なことに向き合えたかなと思います。

特に、新しい生活様式を要求された黎明期にはこれまでの生活との違いからストレスで過剰に攻撃的になったり、悲観的になったりしている人も多々いました。そんな中で知恵を振り絞り、この情勢でも自分の好きなことができる工夫を見つけて上手く乗り越えてる人も多く見受けられました。

「楽しみって大きな原動力になるな」としみじみ思いました。

 

2021年

「俺、死んでね?」

となりがちなので、時間を見つけて遊んでくれる人を常々募集しようかなと思います。

f:id:Pakushin:20201231202250j:image

仕事とプライベートはしっかり分けて、自分の責務を全うできるよう精進して参ります。

短めですが本日はこの辺で。

良いお年を。そして来年もよろしくお願い致します。

 

 

【雑記】[カッコ]つけたい貴様らへ

はい、ぱっくです。22歳になりました

今回は僕が大好きなバンド、[Alexandros]を"ゴリ推し"していこうと思います。

みんなどうせ自粛で暇か在宅勤務なんだし、「Y○uTube開けば誰でも聴ける曲」を軸にして紹介していきます。是非聴いてくれよな!

 

f:id:Pakushin:20200428161944j:image

 

[Alexandros]とは?

読み方は「アレキサンドロス」。[Champagne](シャンペイン)から2014年に名前を変えた遅咲きの大輪と呼ぶに相応しいバンド。メンバーはGt.&Vo.川上洋平、Ba.&Cho.磯部寛之、Gt.白井眞輝Dr.庄村聡泰。Dr.の庄村聡泰は今年1/24に5月に発売されるベストアルバムをもって勇退を表明している。寂しい。

 

 

[Alexandros]の強み

ほぼ全ての楽曲の作詞作曲を川上洋平が手掛けている。彼が幼少期をシリアで過ごしていたこともあり、英語の詞が非常に多い。でも大学の英語の授業を全て可判定で乗り切った俺でもわかるものが多く、日本人に優しい。

個人的に魅力だと感じるポイントはアップテンポな曲調にクールな歌詞を織り交ぜたり、落ち着いた曲調からサビでいきなり高音の盛り上げが入ってきたりと言った一曲ですら飽きない工夫。一定であり続けることは滅多にない。

また、昨今はイントロが存在しない曲が流行しがちである(米津玄師「Lemon」、「馬と鹿」、菅田将暉まちがいさがし」、King Gnu「白日」….etc)。その中でも[Alexandros]の楽曲はイントロがCool。まあ、邦ロックに感してはイントロが無い方が少ないが、その中でも突出してイントロがカッコいいと言えるだろう。

PVのほとんどには最後にちょっとしたおふざけシーンがある。特に庄村聡泰が面白い。サトヤスさん………。

 

在宅で楽しめる[Alexandros]

 

①ワタリドリ

https://youtu.be/O_DLtVuiqhI

[Alexandros]の名を日本に轟かせることとなった代表的な曲。「これは知ってる」という方も多いのではないでしょうか。

サビから訳わからんくらいの高音フェスティバルが開幕するアップテンポな爽快感がたまらない。

 

"ワタリドリのように今、群れをなして"

"大それた四重奏を奏で終える日まで"

 

大丈夫です。十分大それた四重奏を奏でて頂いています

 

②ムーンソング

https://youtu.be/FU5FxTP1cpw

ムーンソングは2016年公開された、比較的スローテンポで美しい楽曲。

月明かりの家路を想起させるようなさせるような歌詞に、貴方も明日への前向きさを取り戻せるかもしれない。

 

"" 次"が浮かんだその場所へ"

"ツキを頼らずに向かおう'"

 

"月"と掛かってるんですよ。上手すぎ〜

 

③Girl A

https://youtu.be/pLMtZiQY6bo

Girl Aは2015年公開にされた、女性を主役に添えた歌詞の楽曲。

曲調がAメロとサビとで大幅に切り替わる、そんな緩急に心を揺さぶられることでしょう。

 

"誰かが定めた色したあの風景の"

"一部にはなりたくないから"

"私じゃないから 私じゃないから"

"目を瞑った時見える色を纏えばいい"

 

ここ、凄く川上洋平っぽいんすよね。

 

 

④Adventure

https://youtu.be/uTfKFMqkhGg

Adventureは2014年公開の、[Alexandros]として初のシングルの看板楽曲。

珍しく一貫してスローテンポ。MVは色彩豊かな分少しチカチカするかも。

 

"アリトアラユル問題も"

"タビカサナルそんな困難も"

"いつだって僕たちは頭の中身を歌ってんだ"

 

だそうです。僕らもアリトアラユル問題やタビカサナルそんな困難は歌って流しましょう。

 

⑤Feel Like

https://youtu.be/Sjq9cZ2-1qA

スローテンポが続く。意外と珍しくはなかった。

2016年公開の短めで聴きやすい曲調が特徴的。

 

"I feel like fly up in the sky."

"Just like a red,blue,green,yellow,silver kite."

 

これくらい頭空っぽにしていい曲ですね。

 

⑥ Famous Day

https://youtu.be/6WDyzkFSri8

さあ、ここから飛ばしていきましょう。

Famous Dayは2015年公開、一言で言えば「一回聴いて僕が惚れ込んだ曲」のひとつです。

もがき苦しみながらも、前に進むしかない経験を想起して感傷に浸れるような曲です

 

"I'm never gonna give it all away 

the world is mine you never ask why."

 

やべ、かっこ良すぎて鼻血出てきた。

 

⑦Run away

https://youtu.be/hWiki8UOImY

2013年公開、正真正銘[Champagne]時代の楽曲。個人的にはこの時期の曲で一番好きですね。

 

"Run away. Run away. Run away"

 

実は、最初と最後でニュアンスの違うRun awayになっています。PVの歌詞見るとわかるので、そこのエモさを知って欲しい…

 

⑧Mosquito Bite

https://youtu.be/hNHbnRVolPo

2018年公開、実写版BLEACHの主題歌。

全体的に暗めの雰囲気から始まるこの楽曲は、歌詞を訳してみると、"誰かからの誹謗中傷批判すらも気にせず、「醤油臭」さを受け入れて生きていく"というスラムチックな内容。

 

"誰かの言葉が傷を抉っても"

"But after all it's nothing more than a mosquito bite."

 

誰かに悪口を言われても蚊に刺された程度で済ませるっていう強さ、見習っていきたい。

 

⑨明日、また

https://youtu.be/qVDgV2JQydk

2017年公開、これも僕が一目惚れした楽曲。

アップテンポで若々しい曲調、この楽曲を表現するのに「爽やか」以外の言葉は似合わない。

 

"明日、また泣きじゃくる時が来たとして"

"怯まず笑えば、貴方は今まで以上に強くなれる"

"思いもよらずとして"

 

PVの岡田将生バチバチにカッコ良いです。

 

アルペジオ

https://youtu.be/uHxwO3mGpLU

アルペジオは2018年公開。ピ○ール瀧がやらかしたことで幻となったゲーム、「JUDGE EYES:死神の遺言」の主題歌。

徐々に激しさを増していく中で、サビは最高潮。盛り上げ上手な曲調に引き込まれていくこと間違いなし。

 

"I know I'm so lost."

"愛想笑いで誤魔化せなくって"

 

ここ、中途半端な位置の歌詞ではあるんですが凄く好きです。

 

⑪月色ホライズン

https://youtu.be/Z58NJIjdp8c

月色ホライズンは2019年公開、僕が一番推している曲を最後に持ってきました。

アクエリアスのCMで興奮できる男は世界中どこを探しても僕だけだと思います。

取り敢えず、聴いてくれ。

 

"僕らにはいつまでも"

"光と闇が待っているの、いるの"

 

https://youtu.be/lMz7fuaUQCU

曲単体をしっかり楽しみたい人向け。chill out ver.もいいぞ。

 

[カッコ]付けたい貴様らへ

多分これ全部聴きながら作業すると1時間くらい平気で経ってると思います。いいぞ。

僕はEXIST!というアルバムがめちゃくちゃ強いと思うので、金にものを言わせて突っ込むのもアリだと思います。

ここで紹介し切れなかった数多くの名曲もY○uTube上でPV通常公開されているので、気軽に触れるのも[Alexandros]の魅力だと思います。また、2018年に行われたVIP PARTYというライブ映像もフルバージョンが期間限定公開中です。気になる方は、今すぐ[Alexandros]のチャンネルをチェック!

 

[Alexandros]公式チャンネル

https://www.youtube.com/user/ALEXANDROSchannel

 

これを踏まえて僕に推してくれるバンド等を教える用→@packpakushin

【WIXOSS】タウィル「爆熱ッ!ストーォオオム!」

f:id:Pakushin:20200424181029p:image

当時リアルタイムで観て大興奮した技

 

はい。

今日公開されたカードがこちらです。

 

f:id:Pakushin:20200424181342j:image

 

で、思ったんですよ。

f:id:Pakushin:20200424181647j:imagef:id:Pakushin:20200424181709j:image

f:id:Pakushin:20200424181835j:imagef:id:Pakushin:20200424181656j:image

f:id:Pakushin:20200424181757j:imagef:id:Pakushin:20200424181656j:image

f:id:Pakushin:20200424181951j:imagef:id:Pakushin:20200424181959j:imagef:id:Pakushin:20200424182008j:image

f:id:Pakushin:20200424181342j:image

ノーパンから7点ぶっ壊して、

1人くらい破壊できねぇかなって…。

 

 

【WIXOSS】宇宙一正しいルリグランク表を作る〜キーセレ編〜

 

コロナウィルスに卍コントロール卍されて鬱憤が溜まっているセレクターの皆さん。こんばんは

 

今回はキーセレ参戦ルリグを「強さ」で分類してみたいなと思います。にじさんじの圧力には屈しません。「私の好きなルリグがめちゃくちゃランク低くてショックを受けた!」って声も「いやそんなの全然間違ってるぞバカタレが!」という声も全て無視して作っていきます。物議を醸し出していきましょう。

 

大前提

・青タマ⇔白タマ、アロス⇔コード、凛⇔美兎⇔楓というような、共通する限定条件を持ち合わせるデッキでも分類して考える。平たく言えばアーキタイプ別に分けて考えるようにする

 

・《糾う者》は《糾う者》としてカテゴライズする。

 

・強さ≒「勝ちやすさと結果を出した数を総合的に判断して算出したデッキの性能」というイメージ。

 

・俺の理論は全て正しい。

 

ランク分け

 

Sランク…対策必須の環境最上位ルリグ。大会での遭遇確率も非常に高い。テンプレートのアーツ構成だけではなく、どのように要求を組んでくるか、メインデッキでどのようなアーツケア手段を所持しているかといった細やかな部分にまで気を配る必要がある。時にはガンメタ張ることも有効。

 

Aランク…十分に脅威となる環境上位ルリグ。大会での遭遇確率はやはり高いだろう。キーセレにおける点数的な強さとそれ以外の面での強さも持ち合わせていることが多い。テンプレートのアーツ構成を把握する必要はある。

 

Bランク…上位と比べると一枚落ちる部分があるものの、芯の通った武器を持つ強ルリグ。大会での遭遇率もそこそこ。

 

Cランク…上のルリグと比べると若干不自由を抱えているものの、戦えなくはないルリグ。わからん殺しが一番しょーもないので知っておいて損はない。

 

Dランク…開拓が進んでなかったり、目に見えてカードパワーが低いルリグ。キーセレ序盤のデッキやリソース消費が他よりも多いという点で苦しい展開が多い。しかし、コアなファンも多く、見た目以上に遭遇することはある。

 

一覧表

f:id:Pakushin:20200330185944j:image

(色々抜けてました。本文にはいます。ゴメンネ)

 

Sランクルリグ

華代

《アリョーヌ》によって選択肢が大幅に増え、速さと器用さを兼ね備えたルリグへと進化した華代が一番手に。《炎真爛漫》による25%の押し付け、Lv2から最高出力で要求が組めることによってパワー不足を難なく乗り越え、環境最大母数のデッキに返り咲いた。最近では結果を残しまくっている《ハッピー5》《炎真爛漫》《歌舞熱曲》《メンダコ》《焼風》採用の《ゆきめキー》《花代緑子キー》型が大流行中。

ライフ0から《歌舞》で突撃されると「宣言されたレベル以外のサーバントを3枚切らないと敗北」というとんでもない状況に置かれてしまう。防御の切り方を確立しておかなければ確実に轢かれてしまうだろう。

コード・ピルルク

ディセンブル環境では《W・S・B》に耐性を付与してド突き回る戦法で数多のデッキを苦しめ、環境の防御手段を狭める一因だった。コリジョンでは《戌亥とこ》を新たに得て序盤の火力と安定感が向上した。フルパワーを引き出すことができるだけのプレイと構築力が必要だが、最大値はキーセレクションの多くのデッキを上回る文句なしのSランク。

また、電機はにじさんじの追加でもカードプールが広がる為、今後強化の要因になり得るカードが他よりも多少多いこともこのランクに位置する要因の一つだろう。コード・ピルルクが、キーセレ環境の上位から転がり落ちる姿は想像し難い。

白タマ

キーセレクション第2弾フルスクラッチから今尚上位を守り続けている数少ないルリグ。これまでも《プリキャス》、固有能力イノセンスによって多くのセレクターが破壊されてきた。

コリジョンでは《ボブスレー》を得て、安定感が更に向上。山札の上を見ていないにも関わらず降ってくる《プリキャス》は最早凶器である。

Sランクに位置しているものの、《ドントコール》といったコインベットでアンコールできるアーツ群の採用によってはタマ側も厳しい戦いを強いられるだろう。お困りの方は、それらのアーツの採用を検討してみるのもいいかもしれない。

レイラ

某JKが開発した基盤によって爆発的に数を増やしたルリグ。このルリグほど「開拓が進んだ」と言えるルリグはいないだろう。

《ヒロインキー》と《千差爆別》よって防御面の硬さを確固たるものとし、序盤ライドによって失われるルリグアタックの機会は《ラティナ》によってデメリットを相殺するという発想には美しさすら感じられる。コリジョンでは《ギュウシャ》が《ラティナ》と似たような役割を果たすカードとしてデザインされるなど、更なるアップデートにも期待できる。

しかし、防御がかなりバニッシュに寄っているため、バニッシュ耐性を付与して襲いかかってくるコード・ピルルクなどに不利を取っている部分もある。

 

青タマ

ディセンブルで登場したタマヨリヒメの別の姿。相手の手札を徹底的に破壊することで、見た目の防御点数や攻撃要求以上に厄介な展開を作ることができる。

《アークゲイン》、《ネーウレス》によって攻撃もシグニ耐性の二回行動というような搦手に切り替えることもできる器用さを持っている。

しかし、最近のテーマはLBで共通クラスのシグニをトラッシュから2枚回収することができるため、そういう点で計算外の展開が起こることもあり、この位置に落ち着いた。

Aランクルリグ

エマ

《真遊月キー》でリソースを確保し、《ネクスト・フューチャー》で1ターンの間に大量の打点を叩き込む。《ネクスト・フューチャー》の性質上、ダウン防御に対して無類の強さを誇る。コリジョンからは《御伽原江良》で蘇生系統にも強く出れるようになったり《ウーゴ冒険記》、《神話の本》に続いて⦅スキュタレー⦆の登場もあったりして、エマとしての強化にも事欠かない。刺さりがピーキーなように見えるが、対策を完璧に理解しているプレイヤーは多くはないだろう。事実、筆者は理解していないので轢き殺されている。

ウムル

「キーセレクションにおいて、最も持久戦に持ち込むのに最適なルリグは?」と問われたらウムルと答える他ないだろう。

ゲートは1面分の防御を50%に委ねることができ、それを優位に働かせるための相手のデッキにカードを返していく戦法に苦しめられた人も多いだろう。ゲートの外から3点以上を要求し続けられるルリグは多少有利に試合を運ぶことができる。

ウムルも非常に強力な基盤を作るプレイヤーがいる。これからも開拓が進んでいくことを鑑みると、Sランクへの昇格も見えてくる。

ウリス

The Key Selection

順当に殴り合うルリグの中で、攻防の量がウリスを上回るものは中々いない。《チアハナレキー》《アンミラ》《ブラックドラゴンウェーブ》がいとも容易く相手の盤面を破壊し、防御面もアーツやLBでかなりの硬さを誇る。これだけ聞くと「Sランクやんけ!」となりそうだが、ウリスは最上位に居続けるには余りにも素直すぎた。上位ルリグは何かしらのズルで点数を誤魔化せるのだが、ウリスはそれが致命的に欠けている(⦅エキドーナ》によるグロウ阻害がまだ残っているようだが…)。そのためここに落ち着いた。

静凛

にじさんじもかなり多くズルをできるようにデザインされ始めているが、その中でも凛は《笹木咲》の存在が大きく、他にはない地上空中4点要求という強みを持っている。《笹木咲》のcipハンデスから《ザロウ》へのライズ、次の《笹木咲》や《ザロウ》他、必要パーツへのアクセスを繰り返すことで、4点要求を繰り返す。

防御性能に難が残る点、攻撃的なハンデスデッキとして青タマに引けを取る点を見てこのランクに。

糾う者

ミュウやリメンバからグロウする姿を多く見かけた糾う者だが、糾う者を使わないこれらのルリグよりも圧倒的に攻撃性能が高いことがこのランクを維持する要因となっている。

特に《アークエナジェ》によるアーツ制限とパワーラインのインフレは、12000という数字をベースに作られているアーツだけでなく、圧倒的汎用性を誇っていた《ハッピー5》の採用に警鐘を鳴らす程、影響力のあるものだったと言える。

《ダブル・チャクラム》の登場が、多少この状況への打開策にも繋がっているのではないだろうか。

翠子

ラクションから防御性能と高パワーラインを継続する戦法で戦う翠子は、クラフト含めてアーツを使う回数がそのまま戦局を左右することになる。

ブザービート》によってメインでアーツが打ちやすくなったこと、付けやすくなったSランサーによって幅は広くなっているように感じるが、ウリス同様まだ素直な面が残っている。母数自体は増えてきているので、今後に期待。

Bランクルリグ

樋口楓

にじさんじの中でも特にキーが強力なことが楓の特徴とも言えるだろう。面が開かないものの、1枚で4面防御を可能にしているのは破格と言わざるを得ない。《本間ひまわり》によるわかりやすいバニッシュによる攻めは、相手にエナを与える分手札は少しずつ奪うという面で美兎とは差別化できている。

月ノ美兎

《ドリーム・トライアングル》をフルパワーで打てること、相手にエナを与えにくい攻め方ができること、手札を安定して作りやすいことが利点の美兎だが、にじさんじの中でも数は見かけない。個人的には触りやすいルリグであると思ってはいるが、勝ち切るには他に一歩及ばないか。

遊月

キーセレクションは「限られた防御と限られたリソースで戦う」ゲームだが、遊月には後者のセオリーは通用しない。《オワンクラゲ》や《エレクトイール》が一度立つとほぼ無限のリソースを獲得できるような機構を組み立ててくる。また、非公開領域から追加の打点が飛んでくることも遊月の特徴のひとつだ。

しかしオールスターとは違い、一度崩されると元に戻りにくいリソース機構のため、上位にいるハンデスデッキの台頭が数を減らす一因になっている。

タウィル

オールスターでは「硬さ」が売りのタウィルは、キーセレクションだと「攻めの尖り方」が売りになっている筆者好みのデッキとなっている。

ビートというタウィルだけが触れる領域にカードを貯めつつデッキを回し、《シュブ=ニグラ》を始めとしたダブルクラッシュ、アサシンを付与して受けにくい過剰打点を作る。

《御伽腹江良》にプライマルによる防御を貫通されるだけでなく、元々防御力に少し難があるためこのランクに落ち着いている。

エルドラ

《パワー・オブ・ヒロインズ》is POWER.

アクセの効果を全て無効にできてしまう《ハッピー5》の採用率の減少も相まって、環境にようやく顔を覗かせ始めている。

しかし、リソース面がこのランク帯にしては絶望的。特に手札は二枚回収LBが1回は捲れて欲しいレベルである。

Cランクルリグ

カーニバル

キーを2枚維持しつつ、相手の火力の軸となるシグニを無力化する事で実質的に防御面数を誤魔化せるルリグ。しかし、周りの強化によって軸となるシグニが多様化している今、宣言するカードを見誤ると一瞬でゲームセット。

LBが強いイメージもある。コンセプトが短命であるため、今後何かしらのテコ入れに期待したい。

優羽莉

血晶武装《アカズキン》など、同名カードを使って強力な要求を組み込むルリグではあるが、ケア範囲やリソース面でレイラに大きく差をつけられる形になってしまっている。

コンセプトは強いので、追加と開拓の両面から期待される。

リメンバ

オートガード性能、殴り合い時点での防御力は非常に優れている。しかし、どうも最後の一点を取る力に欠けている。

ハンデスもできるルリグではあるが、すべてを盛り込むことができない器用貧乏さは否めない。

グズ子

偶数奇数と軸を変えることで表情を変えるルリグではあるが、やはり素直すぎる面が痛手である。

ダイレクトも強力な点取り手段にはなるが、華代の台頭でルリグアタックへの意識が強い中で通せるかどうかは、使うタイミングに大きく委ねられることになる。

メル

チャームを利用して《ウェディ》等の耐性持ちで殴りかかるというコンセプトのデッキだが、やはり同じようなコンセプトのコード・ピルルクに根負けする部分があるように見える。

初期コインを持っている点は大きなアドバンテージになるため、上手く活かして構築したい。これから先の開拓に期待のルリグ。

 

Dランクルリグ

ナナシ

《ザロウ》を世に送り出してくれてありがとう…。

ライズの査定が厳しすぎてリソース面が瓦解していることが大きく響いているように感じられる。

開拓不足が否めないルリグだ。

アルフォウ

「傀儡して強いシグニが相手のデッキにいない…。」

単体で強固な耐性や、点取り能力を持っているシグニが限られているため、コンセプト自体がオールスター向けであることを強く感じさせる。カードプールの拡張が強化に直結するので、期待したいところではあるが…。

筆者の対戦経験は一回だが、華代使ってたら《黒点キー》、《ナンバーバインド》、《血晶魔杖》で壁まで吹き飛ばされた。

ユキ

シードはとてもテーマとして美しいのだが、要求の査定があまりにも原初のキーセレクションを感じさせる。

《御伽原江良》が何故か植物を持っているので、特定のデッキに強く出られるようにはなった。また、《ピルピルキー》採用してルリグアタックを強制的にシャットアウトしつつ、エナゾーンを植物で固められるようにする構築は散見される。

アロス・ピルルク

このゲームは墓地から好き放題できない。遊○王ではないことを痛感させられる。

ハンドレス戦法はそれだけで選択肢をかなり削られるものである。まだ《シャハラザ》と《アナスタシア》がいてくれるお陰で、何とかハンドレス戦法の体裁を保ててはいる。発射回数に制限があるので、速度意識のデッキになりそうだ。

夢限

兎に角華代が重い。白イノセンスが重い。コンセプトが既にトップ組にズタボロにされているルリグ。

キーの増加が直接の強化となり、限定なしのシグニにも優秀なものが増えてきてなんとか食いつないでいる。《さんばか》の追加は華代への対抗手段としてある程度の保障にはなっている。

現存するデッキの中で《ハッピー5》を最多回数投げられる…と思う。

ミュウ

ここ最近は糾う者の下敷きとして活用されることがほとんどで、ミュウとして使われているところをほとんど見た記憶がない…。

キーセレ内で最も開拓が足りていないルリグだと思われる。

筆者は《ネビュラ・コネクト》が好き。

リル

ナナシ同様、ライズによるリソース面の査定が重い。《キツネサキ》に依存して、そこからリソースを回転させなければ繋がりすらしないことも。

追い討ちをかけるようだが、ここまできて《マクリ》と全く同じテキストのカードが渡される不遇っぷりは涙無くして語れない。

思い切って《ハイメイル》、《ロンギンス》とお別れする構築もアリなのかもしれない。また、手札(アーム)を捨てることが効果起動のトリガーになることが多いため、《ピルピルキー》との相性はキーセレ内最高峰。

 

総評

2年歴史を積み重ねてくるとやはりカードパワーの差はある程度出てくることになると感じた。開発がしっかりなされるのであれば、新レギュまで全てのキーセレデッキを強化するというのは頷ける選択なのかもしれない。

キーセレクション未参加組の参戦も待たれているが、こうも差が開き始めている現状でどの位置に自分の参戦希望ルリグが放り込まれるか、それに納得できるかという点も併せて考えてみると、カードの開発の難しさが何となく見えてくる。

にじさんじとのコラボについては、個人的には現状大成功かなと考えている。自作ブランドの面子をある程度保ちながら、それなりに強い位置ににじさんじのルリグを置くことに成功した点は、ここで参入きたプレイヤーにしばらく遊んでもらうには十分な仕上がりだ。また、ウィクロスとして愛されてきたルリグとの共存は果たされていると言っていいだろう。

 

 

終わりに

スケスケの炎上商法、如何でしたで消火。

このランク表はプレイヤーの理解度や贔屓したいルリグへの扱いによって変動すると思われるので、是非一回考えてみて欲しいです。でも僕は自分のランク表が宇宙一正しいと思っているので、異論も反論も受け付けません。

どっちかというと「人の意見も見たいなぁ」と思っているので、「作ってみたで〜」って方はご一報ください。

それではまた〜。オールスター編は多分死ぬほどだるいんで作りません。

【WIXOSS】御伽原江良を救いたい

一月更新をサボりました(懺悔)

今回の主役はこちら

f:id:Pakushin:20200210132247j:image

コリジョンの目玉SR、《コードVL 御伽原江良》です。

 

出現時効果はデッキトップが有色であればそれをエナに置くエナブースト、自動効果として、自ターン中に相手のシグニが場に出た時、そのシグニの効果を消すものと、アタック時に効果を持たないシグニを手札に戻すアタックトリガー能力を持っています。

 

クラスは電機、植物とキーセレユキやにじさんじで使ってねというデザインですが、問題となるのは「単体で要求になる場面が限られる」ことにあると思いました。

ユキもにじさんじも要求能力が高いカードがある程度揃っていることから、採用圏内に入るのかどうか…

 

御伽原江良を救いたい…救いたい…

 

公開されてからそう思いながら、何か使えないかなぁと探し続けた結果

 

f:id:Pakushin:20200210133200p:image

f:id:Pakushin:20200210133207p:image

f:id:Pakushin:20200210134516p:image

 

…またお前たちか(ため息)

オールスターだし。

 

レシピは多分ギバラを一枚どこかに組み込むだけです。完成

 

《羅星姫 ペルセデス》 

f:id:Pakushin:20200210133200p:image

f:id:Pakushin:20200210133600p:image

現状、思いつく中で最もギバラを上手く活かせるカードがこいつかなと思いました。

このカードの起動効果を使い、対戦相手のシグニを1体凍結し効果を無効にしつつ、こちらはギバラを出しながらペルセデスで使ったエナを取り戻すことができます。ギバラの効果でついでにもう一体シグニの効果が消えるかどうか微妙なラインですが、もし出来たら相手のヘルボロスやサーバント♾といった面倒なシグニを「盤面に残したまま」対応することができます。

この「盤面に残したまま」というのが実はエッチで、《星占の巫女 リメンバ・レイトナイト》の凍結シグニの数だけ相手のルリグ起動に1エナを要求する効果を使いやすくしてくれます。

f:id:Pakushin:20200210134224p:image

f:id:Pakushin:20200210134229p:image

 

《羅星姫 レオニズ》

f:id:Pakushin:20200210133207p:image

f:id:Pakushin:20200210134313p:image

こちらは、ペルセデスとギバラの横に添えたいカード。手札に返すところをトラッシュに送ることができるので、リメンバが元々持っているリソース縛りに一役買いそうです。

 

ん?ギバラと右下にピと書いてあるカードが並ぶ?

夢のコラボレーションですね。

 

《星占の巫女 リメンバ・ラストナイト》

f:id:Pakushin:20200210134516p:image

f:id:Pakushin:20200210134522p:image

凍結したシグニの自動効果と常時効果を消してくれるので、出現時効果と起動効果を持たない限り、ギバラでバウンス対象にすることができます。

 

結局リメンバなのか…。

まあ、いいか

 

コリジョンはかなりいいカードが揃ってますね。スリストのホイルが6枚欲しいです。よろしくオタク

 

 

 

f:id:Pakushin:20200210134728p:image

f:id:Pakushin:20200210134733p:image

 

 

 

おわり

【WIXOSS】年一更新の激エモンバちゃん

どーも。カード3枚のレビューがやたら伸びて嬉しいぱっくです。

今回は激エモンバちゃんver2.0ですね。前は

【WIXOSS】インスタ映えリメンバ - 紙のダイアリー

で紹介した、赤宇宙とエフエックス、レオニズによる全面トラッシュ送りをベースとしたデッキでした。

 

今回は、アンブレイカブルセレクターで追加された新たなカードを中心にリペアしてみました。以前同様お世辞にも最強デッキとは呼べない内容ではありますが、世界一エモいことに変わりはないので、まだ見ぬエモ=ムーブを求めている方向けのデッキになっています。

 

もくじ

1.デッキレシピ

2.カード紹介

3.基本的な動かし方

4.有利不利

5.採用検討枠

6.終わりに

 

1.デッキレシピ

f:id:Pakushin:20191230212822j:image

f:id:Pakushin:20191230214401p:image

 

2.カード紹介

前回と大きく変わったところだけピックアップします。

 

スノークイーン、ユキンコ

f:id:Pakushin:20191230235019j:image

f:id:Pakushin:20191230235023j:image

カニキーの防御面数を極限まで引き延ばすために採用。実は赤宇宙入ってた頃もブログ公開してすぐに入ってました。

スノークイーンはカニキーで変換すると限定条件が合わないルール処理でトラッシュに送られます。この時何故か場を離れたときに手札から12000よりパワーの低いシグニが出せるので、ここでユキンコをぶん投げて多面防御としていきます。

スノークイーンは山に返したくない上にさっさとトラッシュに送りたいので、手なりのエナチャージでエナに送ってペルセデス等のコストにするか、エフエックス出現時効果で山の下に送り、起動効果でトラッシュに送るなどして下ごしらえします。

ユキンコはレオニズでサーチしてこれる上、Zrでデッキに戻してリフしなくても複数回使うことができますが、エナの関係でユキンコ多面防御が厳しい場合は、手札からジュメニーズやヤゴを投げて出現時効果を絡めていって誤魔化します。

 

両方とも1枚ずつの採用。増やしすぎると事故要因です

 

・レイノルズ、ビーカー

f:id:Pakushin:20191230235123j:image

f:id:Pakushin:20191230235035j:image

cip凍結。レイノルズは置物にもなります

ペルセデスの登場で、このcip凍結シグニがいることで自ターン中にジュメニーズを使わなくてもレオニズ1枚と手札2枚から相手のシグニを3体トラッシュに送る動きが成立するようになりました。

流れとしては

1.レオニズ出現、ペルセデスとエフエックスをサーチ

2.ペルセデス出現、チアゾーンへ

3.ペルセデス起動、相手のレベル3か2のシグニをトラッシュに送り、新たに出てきたシグニを凍結。レイノルズかビーカーを出す

4.出てきたレイノルズかビーカーでもう一面凍結

5.エフエックス出現、2枚引き、不要なレベル4を2枚をボトムへ、3体目のシグニを凍結

6.エフエックス起動、エフエックス出現前のボトムが両方レベル1でなければ二面トラッシュ

7.レオニズ誘発でもう一面もトラッシュ

 

Zrの種にもなり、相手依存でレベルをずらす必要があり、貴重な青シンボル

各1枚ずつの採用

 

・スズビラ

f:id:Pakushin:20191230235100j:image

タネガスペとコニプラが1枠に収まった。凄い

ペルセデスから出すと上手くいくとエナが返ってくる。前も言ったなこれ

今1だけど増やしてもいいかも

 

・リンゼ

f:id:Pakushin:20191230220654j:image

シブンギガチャの大当たり枠

手札交換結構重宝します

取り敢えず2

 

・カプスワン、ハニエル

f:id:Pakushin:20191230235217j:image

f:id:Pakushin:20191230235221j:image

リンゼ、シブンギを探すための下級

Zr用に散らしました

 

3.基本的な動かし方

 

・序盤

切れる4サバを切って、致命傷にならない程度の打点はスルー。

致命傷になりそうならクリブレ投げてオッケーです。命は大事だ。

リンゼの手札リクルートは手札の状況次第では使っていきます。レベル4固まると怠いので

 

また、例外としてアンなどの乗られてからの対応に困る相手にはジュメニーズガンガン切って、シブンギやクリブレで要求をかけていきます。それで勝てるかは検証してないところではありますが、0%の対面を作るのは良くないので…

 

・中盤

ここは相手のデッキ次第で何を警戒して構えていくか変わってくるところです。

リソースを奪ってくる相手に対しては、上から引いた2枚+αで要求を確実に行えるようにするためカニキーのcipを温存したいです。上からスズビラ降ってきたらもうfever

基本的にはトラッシュにZr、スノークイーン、カイヅカ、ジュメニーズ以外で10種類構えたいですが、そうは問屋が卸さないのが現実なので、相手の要求の組み方がどのようなものかの想定を基にデッキに返していいシグニを判断します。例えば、面を開けてくる相手に対してはカイヅカ残して蘇生面を増やし、カニキースノークイーンに変換して上手く防御面をチョロまかす。面を開ける面数が少なければカイヅカ返してジュメニーズでアタックトリガーを止めることを優先したりするといった感じです。

 

・終盤

ジャイキリを使うタイミングがあればいいなぁ(願望)

基本的に有限防御なので、自分の防御手段が削られてきたり、1リフ入った辺りからは相手の防御を出来るだけ掻い潜って打点を通せるかどうかを見ていきます。

相手と自分のリソースを上手く道連れにできているか、こちらの構築上のメタ運用が突き刺さってると勝てるイメージです。

イカ+オタガメ+カイヅカによる暗殺拳も覚えておくと役に立つことがあるかも…?

 

4.有利不利

慎重に書かないと燃えそうなので慎重に描きます。

 

この構築のままだとアンやタウィルといったシグニ、ルリグ耐性をガンガン押し付けてくる硬いデッキが重いですね。

その中でもアンは別格で、最早数枠歪めた程度ではどうにもならないのでは…?とすら思っています。

f:id:Pakushin:20191230233333j:image

f:id:Pakushin:20191230233337j:image

アンリミテッドセレクターで追加された2枚がトラッシュとエナをぐっちゃぐちゃにしてくるので、デッキ選択から考え直すか、極限までアンに特化させるしかないかなと思ってます。

まあ、諦めずに隙がないかは探しているんですけどね…

 

逆に、4に乗れさえすれば何とかなるアタック型のショットデッキにはそこそこ強いのでは?と思っています。そのため、ルリグデッキをかなりダッシュタマを意識して構築してみました。これで10-0というわけではないので、ダッシュタマのメタ範囲次第では破壊されてしまう気がするのですが、ある程度は行けるかと。

また、往年の2止め3止め速攻相手にはクリブレスピサルクリブレまでやって序盤をやり過ごすことも可能になったり、ロステクウムルにはアンチアビリティでcipを止めつつジャイキリ一回分の無効があり、相手側の手札や盾次第ではワンチャンス残るのでは?と思っています。勘違いしないで欲しいのはワンチャンスが残っているだけで確実に勝てるとは少し違うところですね。

 

その他、中速ビートダウン相手には、4に乗ってからの殴り合いの中で、こちらが相手の耐性に対して防御がしっかり用意できているかどうかというところに尽きます。相手のテキストを忘れていると突然エナのシブンギが全部サーバントZEROになったりならなかったりします(1敗)

テキストはしっかり確認するようにしましょう

 

5.採用検討枠

 

・レイトナイト

f:id:Pakushin:20191230234517j:image

蟹キーとの相性があまりよろしくないので不採用。その内レイトナイトの構築も考えます

 

・タネガスペ、コニプラ、ノベアン

f:id:Pakushin:20191230234648j:image

f:id:Pakushin:20191230234651j:image

f:id:Pakushin:20191230234654j:image

今までありがとう。エフエックスに頼らず要求が組めるようになり、赤アーツから脱却できそうだったのでお別れです。

タネガスペorコニプラを1枚差し込んで、ジャイキリ→アイスフレイム・シュートにするのはアリなので一応採用は最後まで検討していました。

 

・ぶりっつあーや

f:id:Pakushin:20191230235315j:image

カニキーから脱却して4で止めるならこれかピルルクキーですかね。無難に強いですがユキンコとかは抜けます

 

6.終わりに

如何でしたでしょうか。

新規を上手く使いたいデッキではありますが、新しいカードの使い方については基本的に前回説明したので割愛しました。そっちもよろしくね。(【WIXOSS】常識破りの栞ちゃん - 紙のダイアリー)

 

久しぶり構築記事を書いたので抜けてる部分が結構あるような感じはしますが、各カードの使い方は概ね変わっていないので許してください。

 

2019年最後になりました。来年は本格的に社会に出る準備が始まるので、どれくらいWIXOSSできるかわかりませんが、遊んでくれたら嬉しいです。

 

何かあったらTwitterまで

→@packpakushin

 

それではみなさん、良いお年を!