読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙のダイアリー

主にカードゲームについて書き連ねる予定です

【WIXOSS 】今さらリメンバとか言われても

どうも。ぱくしんです

今回は久々のデッキ紹介という名の供養です

それじゃ早速行きましょう

 

f:id:Pakushin:20170418011556j:image

 

並べ方汚すぎて申し訳ない

 

0〜2バニラリメンバ

3Δピルルク

4リメンバナイト

龍滅

ロックユー

サクディス

暴風

ブルパ

 

イカ4

サバY3

mpp

デュランダ2

リコダス2

O 4

D 2

D三 2

 

THREE 4

SEAL 3

プレシャス

集結 3

三剣

O二 4

D二 

T二

Q二

シンカー

 

《コンセプト》

龍滅ロックユー

 

《もう少しだけ詳しく》

集結やらイカやら鯖Yで盾0にしてデュランダ龍滅ロックユー。簡単

 

《リメンバにおけるイカ》

4まで乗りたいなら入れない選択肢はあり得ないと思っています。

f:id:Pakushin:20170418012340j:image

(かわいい)

ルリグのスペック的にこの子にもAPEXにも敵わないんで単純なカードパワーの高さで押し切るしかないです。

ナイトであれば乗ったターンルリグアタック放棄すればイカイカ空き面で三面要求できます(今回のデッキで最も重要な動き)

ミッドナイトでもクロスカードのパワー不足を補うには入れざるを得ません

回収も容易にできるわけではなく、トラッシュに送ったカード拾うなら一度山に返してからまた引く必要があります。これは以前にリメンバとアンのブログでも話した気がします。

単純な相性の良し悪しだけでなく、イカを入れることでピルルクに出来てリメンバにできなかった弱点を上手いことカバーしてくれる訳です

 

《どーやって勝つの》

2、3ターン目に守護、4ターン目に起動イカイカor鯖Y起動で三面要求。盾消えたところにデュランダMPPサバYとかで詰めます

面を開ける相手と開けない相手が分かれているこの環境において、サバY起動絡む三面開け要求かイカ絡む面開けない要求を使い分ける必要があります。例を出すと全面開けるのはカーニバル、面開けないのはアロス対面とかですね

暴風orリコダス+シンカーで上手いこと面開けつつサクディス龍滅で全面開け…なんかもできます(これはガンスリの対カーニバルで実際に使ったムーブです)

あとロックユーで詰めきれない相手に盾残して詰めには入るのは諦めましょう。そんなことしてたら10000回やっても10000回負けます

 

《鯖型Λとの差別化》

毎ターン2ドローできるor防御一回分になるピルルクΛを使った方が強いんじゃないか?って言われることがありますが、勿論そこは差別化するべき点です

まず、リメンバナイトには相手のルリグの起動効果に無1を追加させる効果があります。これが最大の差別化であって、イカイカ等で要求し続けてエナ0になったところにロックユーぶつけるとエスケープあろうが黒点エクシードあろうが撃てません。まあ滅多にそんな状況は生まれませんが

もう1つはサクディスの採用です。鯖Λにおける托生の枠をサクディスにすることで足りないリソースの補完と面開け、最悪防御に回す器用なカードが増えます。托生だと最低5エナ無いと龍滅ロックユールートに入れませんがサクディスだと4エナから龍滅ロックユーが可能になります。そこで相手にとって調整を難しくさせている要因の1つです

更に、グロウ時に凍結&面開けが可能という点。前述の三面要求に加え後手タマ相手にゲイン叩き割ったりするのでそこは強いです

最後にシンカーをエナからグロウコストで落とせることです。基本的に鯖ばっかで構築されてるので白1が捻出できない状況は対遊月以外ではないです。逆に白いカード、特にシンカーをグロウコストとしてエナからトラッシュに送っておけるのは暴風シンカーという選択肢を増やす、マルチ残して龍滅のコスト確保という面で優秀とまで言える訳です

ドロソの不足はTHREE4枚プレシャス1枚にすることである程度補完し、最悪サクディスで無理矢理増やしているので、引けを取らない強さに出来てると思います

 

《今さらリメンバとか言われても》

正直、リメンバのメインギミックである凍結に頼ったボード制圧が死ぬほど弱い環境なので

リメンバ<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<ピルルク

の事実は暫く揺るがないと確信しています。

更に追い討ちをかけるSEALとMPPの同時使用禁止。これによってほぼ完全にケアしていたバニッシュ頼りの防御デッキに対する強みまで奪われてしまいました(これに関しては代替案があるので気が向いたら紹介します)

今更リメンバとか言われても握る人なんていないだろうし、興味を持ってくれる人も少ないでしょう。

だからこそ、僕は2で止まっても、4まで乗っても、途中でピルルクに変わっても、少しでもリメンバを使ってくれる人が増えてくれれば嬉しい限りなわけです

これが、その第一歩になってくれると信じています

 

 

 

それでは、この辺で筆を置かさせていただきます

目を通していただいてありがとうございました

 

何か質問等あればTwitterまで

→@pakushin_sep