紙のダイアリー

主にカードゲームについて書き連ねる予定です

【大会レポ】わくわく杯

f:id:Pakushin:20181007160720j:image

「あー、何だっけ?教えてもらったおやつのオーバースリーブ買いたいし秋葉原ビームス行こう」

 

基本的に腰が重い(大体金のせい)僕は、珍しく特に用事のない秋葉原に行くことになった。

 

途中迷子になりながらも買い物を済ませ、時計を見たら

「後10分で会場に向かえば参加できるセレモニーがあるらしい」

 

デッキ未完成、スリーブ未着装、ウィクロス半引退状態

導き出される結論は1つ

f:id:Pakushin:20181007161106j:image

(ワクワクを思い出すんだ)

弾   丸   参   戦

 

そんな軽いノリで参加した世界王者主催のWC、通称わくわく杯に参加してきました

 

0回戦

デッキシートの要求。僕はこの時点で帰ろうと思いました

雑に書いて、最後の一枠適当に決めて、買ったオーバースリーブ着けて…やること多いなこいつやる気あるんか?

 

何とか突破

 

使用ルリグはエルドラ

f:id:Pakushin:20181007161626j:image

オールスターでは結構僕は使ってるルリグで、実はビジュアル面でもかなり好きなルリグなんですよね

変な帽子に大きいリボン、愛くるしい表情がとても

ウィクロスのアニメでもちよりとエルドラの別れのシーンだけは好きです

 

取り敢えず戦績から

 

一回戦 散華(虚幸?)ウリス 🙆‍♀️ 先

二回戦 輪廻グズ子 🙆‍♀️ 後

三回戦 輪廻グズ子 🙅‍♀️ 後

四回戦 レイラキーナナシ 🙆‍♀️ 後

五回戦 輪廻グズ子 🙅‍♀️ 後

 

まあまあ、と言ったところ

終戦最後の場面は時間的な拘束と、他に勝っている人の予想ワンチャンすらなさそうな雰囲気を感じたのでサレしました(そのターン鯖抱えてなかったので僕が勝ってたらしい。勿体無いですね)

 

ちょっと詳しく振り返ります

 

一回戦

相手は知り合いで、以前も同じルリグでのマッチアップがありましたがその時はボコボコにされました。悲しいですね

今回はレイラキーの採用が響いて、デッキのカードを落とされることなく試合が進んでいき、ダウトを2点防御に使わせて、スペルも守れたので勝ちに繋がりました

後、エニグマが一回も飛んでこなかったのも勝因かもしれない

 

二回戦

相手ノーパンから3面アタックトリガー+輪廻ダイレクト

僕「アンチアビリティで」

 

GAME SET

 

三回戦

アーツ全部捌いて輪廻ダイレクト+ダイレクトブラジャックを躱すも、序盤にダメージソースを捨てすぎて負けてしまいました。情けないですね

何だろう、彼には気持ちで既に負けてるのかな

QUEST FAILED

 

四回戦

最後が見どころ

レイラキーの貼り合いから相手が最後ワンチャンにかけて、僕の盾1、デッキ1の状態からサジェストで上手く致死要求を仕掛けてきました。これでエクシードを奪われ、ラス盾次第でしたが、ここで公開領域のカードを全部見直してみると

 

(シュレデ見えてねぇ…)

 

クリショベットで盾守ってアイフレで飛ばせるとこまで飛ばして、「勝負しようぜ!!」と叫んだらやはりシュレデが捲れました。返しノイヴァン爆破して勝ち

 

五回戦

サレしちゃった試合とはいえ、最後の方綻び方が酷かったのは覚えてます。感情に身を任せてプレイしないことを心に誓った試合でした

 

使用デッキ

f:id:Pakushin:20181007163336j:image

アーツは無意識で選んでたんですが、トップシェアの輪廻グズ子にかなり厚いアーツ構成でしたね…何故負けてしまったのか

細かい説明ができるほど煮詰めてないので解説は省略

 

終わりに

 

久々のセレモニー、楽しかったです

主催と会場の皆さんには、感謝の言葉をこの場を借りて述べさせていただきます。ありがとうございました

 

シトナイ来るので二部二章しないといけないので今日はこの辺で

 

 

f:id:Pakushin:20181007163616p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【第40回記念】書くこと探しの旅

お久しぶりです。ぱくしんです

今回でブログが第40回となりました。ウィクロスのメインデッキと同じ数ですよ、まあまあ凄くないですか?

飽き性の僕がここまで続けられたのも何故か読んでくれている皆さんのお陰です、弛まぬ御愛読に感謝の言葉を述べることしかできません

 

挨拶はこの辺にして、今回何を書くかって考えてたんですが、まー何も思いつかないんですよね…

f:id:Pakushin:20180926004209j:image

↑最近の僕

何を隠そう、月末になると遠出する余裕が金銭的にも精神的にも肉体的にもないため、地元でカードゲームに興じるしかなく、地元ではウィクロスが死滅してしまったため、リアルにウィクロスに1ヶ月近く触れてないんですよね…

新たに追加されたリメンバの希望、クラファンですらほぼ1人回しでしか試せていない現状です

あれだけ大好きだったゲームでもここまで触らなくなると途端に興醒めするんだな、と身をもって体感しました

 

まあ僕が1人で興醒めしてる間にも残酷なことに環境やイベントは進んで行ってしまうもので、大型イベントとして夢限プレマ争奪戦繭の部屋の改定がありました。

 

せっかくなので、これについて触れてみようと思います

 

・繭の部屋

f:id:Pakushin:20180926004528j:imagef:id:Pakushin:20180926004534j:image

(画像を拝借)

繭の部屋に関してはまあ…何も言うことがないかなぁって思いました

TLを眺めていると「予想通りすぎてつまんない」だの「トオン/マーライが生き残ってるのはおかしい」だの言われていますね

 

今回の改定で返ってきたカードの多くは「登場時期が悪すぎた」ものだと思っています。止めようがないオサキループ、防御に重いコストが要求される時期に簡単に打点を作れたアパト、圧倒的なまでの束縛力を持っていたAPEX MPP SEAL、ルリグ効果の防御がない時期に生まれた無敵天使アークゲイン…

今となってはコイツらがいた前提で作られたカードが増えたことで、規制を解除しても現カードプールでは以前程の脅威ではないという判断が下されたのは妥当ではないでしょうか?

要するに前は脅威だったカードにも、時代が追いついて対応できるようになったという捉え方をしているわけです。特にタマやAPEXは新しい(懐かしい?)タイプのデッキとしても期待できますね。ビルダーの腕の見せ所だと思います

 

f:id:Pakushin:20180926005628j:image

本当の意味でのオールスターとはいきませんでしたが、僕は概ね満足できる内容だと思います

 

・夢限プレマ争奪戦

公式が「世界に100枚のプレマ」「世界に各300枚のキーカード」と銘打って盛り上がった大型の店舗大会。現場を知っているわけではないですが、参加するのも一苦労だったと聞いています

 

キーセレクションフォーマットでの開催という事だったので、僕も最初は参加を考えていたのですが、ポケカ始めちゃったせいでモチベ全部吸われて結局、一回も参加する事なく終わってしまいました

まあ仕方ないかなぁと、メルキーもナナシキーもリメンバで使う未来が見えなかったしいいやってなっちゃったんですよね

 

それよりも大会に対する不満が多く見受けられたことが印象的でした

 

以前まではwpの延長線上で行われていた0ルリグのお絵描きをこの争奪戦に入れていたことや、あまりにも少なすぎる枠に対する参加希望者の多さに対して不満を持っている人は少なくないのではないでしょうか?

 

参加してない大会についてどやかくいうのはあまり好ましくないのは重々承知の上で話させていただきますが、今回の大会の不満は運営とユーザーの大会に対する見解の相違から生まれたものではないかと思いました

 

僕は最初にこの大会の全容を見たときに、景品目当てのガチユーザーとお絵描き大会に参加するつもりのユーザーの間で不協和音が起きそうな予感がしました。お絵描きに力を入れる人は、大会までにイラストに拘り、可愛らしいオリジナルルリグとと共に参加し、対戦相手とも互いのイラストを見合いっこして和気藹々と対戦に臨むことをイメージしていたかもしれません

逆に景品を取るべく本気でこの大会に臨んだ人は、イラスト大会は寧ろ邪魔な要素だと思ったのではないでしょうか?世界に○○枚と銘打たれた賞品は、現実問題金になります。この大会で3度優勝した僕の友人は「月のバイト代を超えた」とも話していました

真剣に景品を取るためにデッキを考え、プレイングを煮詰める人にとって、わざわざ0ルリグに拘るのは時間を吸い取られることに直結し、そこを流してしまう、というのは容易に考えられることです。わざわざ細部に拘ってイラストを描くより、邪神アバターみたいな球体書いて「タマ」って書くだけで終われるならそっちの方が100倍楽ですからね

f:id:Pakushin:20180926011930j:image

 

「イラストの見せ合い」と「世界に○○枚の景品」の要素を足し合わせるだけで、真逆の向きに力を入れる人が集まるようになるのは最早説明不要でしょう。普通に考えれば分かり合える筈もない。ここまではユーザー側の見解になると思います

 

では、運営側の見解はどうだったのか?

何で分かり合える筈もない要素を無理に足し合わせたのか?

ここから先は僕の想像が多くを占めますが、御容赦を

 

「トーナメントプレイヤーとライトユーザーが一緒に楽しめる大会ができる、そんな夢のような大会」

 

これが答えと思います。しかも、これを本気で信じ、考え、実行したんだと思います

 

ウィクロスはルリグというキャラゲー的な要素を含みつつ、ルールはとても奥深く、戦略的で競技的にも面白いものだと思います

事実、僕はその2つの顔を持つゲーム性に惹かれて2弾からここまでついて来てるわけですしね

しかし、この二面性が上手く噛み合う事は少なく、度々トーナメントプレイヤーとライトユーザーの間で騒動が起きるTCGでもあります

 

この現状を運営側が無視できないものとしたのなら?

どうにかしてこの二者の壁を取り払おうとしたのなら?

そうやって導き出されたものが「夢限プレマ争奪戦」だったのだとしたら?

 

僕には、ウィクロス運営が邪神アバターだらけのお絵描き大会をしたかったとはどうしても思えません

トーナメントプレイヤーとライトユーザーの壁を取り払い、一緒に遊べる空間を作ることができたら、ウィクロスにはもっと人が増えてくれると考えたのではないでしょうか?

 

豪華景品を出す大会でわざわざキーセレを選んだのも、お絵描き大会に豪華景品を出したのも全てのユーザーに参加して欲しかったからなんじゃないかなぁ…と思います

 

結果的には成功とも失敗とも言えない終わり方でしたが、僕は今後は上手くやってくれると前向きに見ています

 

・最後に

最近、どうもウィクロスに暗い影を見ることが多くなってきました

本村さんの異動や環境の変遷もあり、確実に何か変化は起きているような気がします

WIXOSSは僕に多くの友達をくれた大切なものなので、これからも応援していくつもりです

久々に真面目なこと書いて疲れたので 今回はこの辺にさせていただきます

 

今後も「紙のダイアリー」をよろしくお願い致します

 

 

 

 

 

f:id:Pakushin:20180926014507j:image

(そろそろ絆レベルが9になります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【日記】流行に乗る男

f:id:Pakushin:20180907234759j:image

要するにポケカ始めました。

記事にするかはわかりませんが、一応報告ですね

 

シロナ足りねー()

 

f:id:Pakushin:20180907234902j:image

※画像はイメージです

最初の相棒はグレイシアGXにしました

先1エナジーしんかで相手のテテフを止めてくれる。可愛い

 

そんな感じです。よくわかんないのでどんどん遊んで経験を積んで行きます!

短いですが、書くことないのでこの辺で…

 

【大会レポ】米津杯&ホビ名古屋セレモニー

はいどうも。ぱくしんです

行ってきました、名古屋(大須という方が正しいか?)

f:id:Pakushin:20180807224844j:image
f:id:Pakushin:20180807224835j:image
f:id:Pakushin:20180807224840j:image

ご飯美味しかった

ガッツ麺行きたかったけどまあええわ

 

ぴむくん主催の米津杯に行ってきた

チームメイトはスーパービックネームのお二人、恐縮ながら声をかけたところ快く組んで頂けて本当に嬉しかった

米津 使用 アン

予選

一回戦 ゼウシアス 🙅‍♀️/🙆‍♀️

二回戦 Get Up 動揺/🙆‍♀️

三回戦 リワト 🙆‍♀️/🙆‍♀️

四回戦 忖度/忖度

 


トナメ

一回戦 箱管理人 忖度/🙆‍♀️

二回戦 破産 破産/🙅‍♀️

三回戦 三遊月 🙆‍♀️/🙅‍♀️

 

有効勝利0の4位。堪えるものがある

一回戦から振り返ろう。いや振り返らないとダメだ

 

一回戦 共闘5リワト

f:id:Pakushin:20180807225352p:image

♩I'm a LOSER どうせだったら遅延したっていいだろ(憤慨)

 

二回戦 熱盛ィ!!!伍改

f:id:Pakushin:20180807225632p:image

f:id:Pakushin:20180807225624p:image

上のカードで動揺して下のカード打ち忘れた。ウッキィイイイイイ!!万年申年ィ!!!

アスペ負

 

三回戦 リワト

f:id:Pakushin:20180807225352p:image

チラつく全能神

神に祈ったら青がエナに入らなかったから微妙に余力を残して勝ってたけど、青が入ってたら普通に死んでた気がする

お相手、翌日本物のリワトになってたらしい

 

四回戦

f:id:Pakushin:20180807230035j:image

 

決勝トナメ

一回戦 ハナレ

ハナレかー、面開ける方法アビスくらいやろ(ゲラゲラ)

f:id:Pakushin:20180807230224p:image

は?

横が超速で勝負を決めたため、忖度

 

WIXOSSBOXで予習をしておけばこんなことにはならなかった

 

二回戦 雪月銃声

親にすらそんなに反抗しなかった僕は、何故かお爺ちゃんの教えを守らず妖怪イチタリナイを引き起こし射殺される。

 

実力で遠く及ばないようなプレイヤーに勝つ最大のチャンスを逃した上に、チームの優勝の可能性すら潰した大戦犯となる

 

完全に意気消沈

しかも以前人生最大のアスペして死んだ試合も彼の横だったし、デッキも緑だった

 

いや…本当に…本当にごめんなさい………

僕の楽しかったはずな名古屋旅行はこの時を機に咎め煽られを繰り返し心臓を痛めながら進行することになります

 

今思い出しても死にた過ぎるし手の届く範囲に刃物もロープもないから仕方なく生きてるって感じ

 

三決 雪月華

ショックでお先真っ暗な心境のままやってたからマジで覚えてない。なんか勝ったけど時すでにお寿司()

チームは負け

 

え…僕は何しに来たの…

 

有効勝利0、謝罪案件多数

チーム戦一生出れなさそうです

 

因みにレシピ

f:id:Pakushin:20180807232031j:image

デッキだけは間違いなく強いんだけどなぁ…

プレイヤーに恵まれなくてごめんよ…アン…

 

翌日、ウィクロスを1000枚売ることに定評のある大須のホビステのセレモニーに弾丸参戦

 

使用 ミルルン

一回戦 1止めタマ 🙆‍♀️ 後

二回戦 蟹 🙅‍♀️ 先

三回戦 雪月華 即死 後

四回戦 ひろつん 忖度 先

五回戦 タイプス真名 🙆‍♀️ 先

 

0回戦 流転捜索

0-7マンに借りたけど、よく考えたらリメンバの方に入ってました…

アスぺ

 

一回戦 1タマ

なんか忘れたけどすっげーって言ってた

アイドルケアしたら1点足りなかったらしいのでリンゼで殴り続けた

 

二回戦 蟹

先手取ったのにジャムって負けた。下手な上にツモの悪さも目立ってしまい悲惨な事に

 

三回戦 雪月華

先3で殺された。は?

 

四回戦 メル

時間切れまでやってた。楽しかった

どう考えても時間使ってたのは僕だし、ここで引き分けにしてもどっちも幸せにならないからひろつんに託した。忖託

彼はちゃんと上がってくれたけど、お爺ちゃんのホノオZとクサZの同時発射によって逝ってしまった

 

五回戦 タイプス真名

しっかり回し切った。よっしゃ、ミルルン慣れて来た!こっからやで!!

 

YOSEN NO OWARIなのでここからもクソもないんだけどね

 

 

f:id:Pakushin:20180807232923j:image

レシピはこれ

シンプル(だと思っている)

 

 

終わりに

大須の旅、本当に楽しかったです

あの場で仲良くなってくださった方もいて、人脈がまた広がった旅でもありました

不束者ですが、よろしくお願い致します

 

また行きたい、そしてみんなと遊びたい

後、米津で組んでくれた2人には本当に馬鹿みたいなミスで黒星をつけてしまったことを謝っても謝り切れないので、今後しっかり反省したことを表せるような結果を残して行きたいですね

 

 

それではこの辺で

 

【大会レポ】らいだぁ杯

冗談のつもりで言った「キーセレ、オールスター、デュエマの複合チーム戦やりたくね?」みたいなツイートがデュエマの大手のらいだぁさんに見つかり、その後らいだぁ杯運営の底知れぬ行動力によって実現までこぎつけてしまったらいだぁ杯に出場した

 

横は名古屋の同級生2人、米津玄師とKing of メルカリだしまあ歌と品揃えなら負けないなぁと

あ、僕?僕はおもちゃ

f:id:Pakushin:20180725224823j:image 

枠は適当に相談してデュエマを担当する事に。まあ直前の制限改訂でアパッチワルスラが死んでしまったせいで米津玄師が前が見えなくなってしまったためにチームメンバーでデュエマができるのが僕だけになってしまったというだけの理由

 

そして大会直前。僕は風邪を引いた

1週間近く引きずっている長い風邪、夏風邪は馬鹿が引くらしい

カードショップに行く元気がない。

デッキが調整できない。困ったけどまぁいっかって思って適当に家にあった誕プレのドロマーロージアをほぼそのまま持ち出して来た

 

レシピはこちら

f:id:Pakushin:20180725225754j:image

モンテスケールサインを減らしてカーネルが増えた。意図はない

 

戦績はこんな感じ

一回戦 大手 🙆‍♀️🙆‍♀️-🙅‍♀️

二回戦 トゥリオ剣 🙅‍♀️🙆‍♀️🙅‍♀️-🙅‍♀️

三回戦 ジョラゴン 🙅‍♀️🙆‍♀️🙅‍♀️-🙆‍♀️

四回戦 5c剣 🙅‍♀️🙅‍♀️-🙆‍♀️

 

1-3、戦犯である

ただ、会場内で唯一優勝したデュエマ枠の方にスト勝ちしたというイキリポイントだけが残った

 

デュエマ、深い

 

お金に余裕があればもう少し突き詰めて新しいデッキにも手を出して行きたいところだ

 

チームメイトの2人には申し訳ないので米津杯のときにでもお土産を持って行こうと思う

 

あ、米津杯

8/4の名古屋で開かれるキーセレ1オルスタ2のチーム戦だ。奮って参加してくれよな

 

f:id:Pakushin:20180725230259p:image

【大会レポ】あまりりす杯

基本的に金欠学生である俺はNintendo switchを買う余裕はまだない。次世代のポケモンスマブラ…etc 魅力的なゲームが控えている。お金がなくてできないのはあまりにも馬鹿らしい

 

でも、半ば諦めムードでしこしこバイトで働き、数ヶ月後に手に入るようなゲーム機を商品で出してくれるCSがあったなら…?そのCSが自分のメインでやっているTCGWIXOSSで開催されるなら…?そのCSでその大会で完璧に勝ち切って†優勝†を掻っ攫うことができたなら…?

 

行くしかなかろう

 

大会ルールを確認する

オールスターフォーマットで32人によるスイスドロー4回戦→上位8人による決勝トナメ

なるほど、普通だ。

しかも制限時間に関しては、現役セレクターによる開催もあってかそこそこ余裕がある

 

そこで僕は早速デッキを選ぶことにした

現環境はビカム・ユー→ゲインやアークオーラでゲームの平穏を壊しにかかるタマ、フルハン全面開けによる圧倒的攻撃性能を誇りつつ、新たなルリグによって硬さも得てしまったスペルキラーミルルン、メインボードで114514点守れるあや、ゴm…失礼、最強天使軍団リワト、銃刀法違反ウリス、つむぴるたんとごちゃごちゃしていてわからない

 

手元を見るとエルドラ、虫アロス、アイフレ欠落ミルルン、5ママ(トオン/zero limeted defense works)、ヤンキーリル

ただ1つだけ自分の中で結論が出た

 

「あれ、俺のデッキ全部環境相手にできなくね…???」

 

困ってしまった()

意気揚々と登録したまではいいがこれでは勝ち切ることは不可能だ

 

しかも新しいデッキを組む事は資産的にも時間的にも不可能ときた。

取り敢えずエルドラにビカム・ユーでも突っ込んで行くかと考えた。弱すぎてやめた

 

仕方がないのでデッキ50枚借りることにしようと決意。この時点でもう気持ちと行動が噛み合っていない

 

次に、借りるデッキを考えた

上記の環境トップメタデッキに共通するものは「ルリグ、キー、メインボードによる防御の依存」と「的確なメタアーツを的確に捌くことで対処可能な可能性がある」ことである

 

頭の悪い俺は2秒で結論を出した

 

「コンテン使えるアンにメタアーツ突っ込めば良くね?」

 

決まってしまった

Y氏が優しすぎて組んでくれた

最強のサイト「wixossbox」(https://wixossbox.com/history/ )によって上位に入賞した完璧なメインボードを提示してくれた

アーツを自分好みに1枚切り替え、49枚借りたデッキが完成した

 

それが、これだ

f:id:Pakushin:20180708223132j:image

この結論にたどり着いた時点で割と優勝も狙えるのでは?と思っていた。自信過剰

 

早速簡単なレポートから

 

一回戦 サシェ 🙆‍♀️ 先

f:id:Pakushin:20180708230434p:image

🤔

死ぬ気で5エナ構えた。勝ち

 

二回戦 ナナシ 🙅‍♀️ 先

デッキを貸してくれたY氏がよりにもよって対面にくる事態

f:id:Pakushin:20180708230637p:image

f:id:Pakushin:20180708230644p:image

エッチな衣装のコンテンに会わせて貰えなかった。死

 

三回戦 金木犀タマ 🙆‍♀️ 後

お相手氏、久しぶりのWIXOSSで一掃アンのエクシードをご存じでなかった。勝ち

 

四回戦 ナナシ 🙆‍♀️ 先

エイクとネクレがなかった。テンポラは神様

 

予選3-1でトナメに上がった

実に1年と半年ぶり、人生二回目の個人戦トナメ進出はシンプルに嬉しかった

 

決勝トナメ一回戦の対面発表で緊急クエストが発令された

 

トナメ一回戦 ミルルン 🙅‍♀️(時間切れダイス) 先

QUEST FAILED

 

 

 終わってしまった

Switchは手に入らなかったが、非常に楽しい大会だった

 

運営も女性スタッフ2人で滞りなくこなしていた、流石の一言だった

○ト○コ 木白店も見習ってほしいですね

 

借りた4アンは買い取ることにした

楽しすぎた

f:id:Pakushin:20180708231920j:image

ベスト8の金券は一掃を光らせるのに使った

頭が悪い使い方だった

 

その後キーセレボコボコにされてハンデス軸リメンバを組むことを決意した

 

明日からも大学頑張ろう

 

 

f:id:Pakushin:20180708232121j:image

 

 

 

 

【WIXOSS】青い栞

f:id:Pakushin:20180705223335j:image

(そうやって今は僕の方へ)

こんばんは。書いている時間は例によって夜。ぱくしんです

前回のビカムリルは自分でもよくわかんないくらい伸びて嬉しい限りです。ありがとうございました。まあ僕自身卍リルでWPS優勝した初めての人間卍なんでね(決勝トナメ0-3)(大事なところで後手を引くプロ)(チームメイトで差をつけろ)

 

今回はキーセレのお話です

苦節4年。もうこの娘と出会って4年も経つんですね…ようやくリメンバがブーフターパックにガッツリ登場してくれました。感無量で発表時には飛び跳ね回って踊ってましたよ。ええ

 

今回はキーセレにおけるリメンバについて紹介しつつ、今回僕が使っているレシピの紹介といった流れで進めていきます。しばしお付き合いのほどを宜しくお願いします

 

もくじ

1.キーセレリメンバでできること

2.レシピ

3.各カード解説

4.基本的な立ち回り

 

 

1.キーセレリメンバでできること

 

キーセレリメンバの軸となるギミックが「凍結」と「デッキボトム操作」になります。カードテキストにも多く「シグニを凍結させる」、「凍結しているシグニに〜する」効果や「カードをデッキの一番下に送る」、「デッキの一番下のカードをトラッシュに送って〜する」といった文言があります。基本的にはこれを頼りに盤面形成、要求値の設定をしていく事になります

また《占英の星術 ホロスチャート》や《PRAYING》を使って対戦相手の手札を奪い取る青特有のハンデスギミック

f:id:Pakushin:20180704214850p:image

f:id:Pakushin:20180704214900j:image

f:id:Pakushin:20180704214951p:image

f:id:Pakushin:20180704215002j:image

《浴英の発見 アルキメス》(カード紹介で解説するため画像略)の強力なLBをボトム操作によってデッキを操作し、《ママ♡MODE LOVE》でライフに埋めて3面防御する

f:id:Pakushin:20180704215235p:image

f:id:Pakushin:20180704215245j:image

といった、かなり高次元なプレイとデッキの順番を覚える正確な記憶力が必要になるギミックを発売時点でトッププレイヤー達は編み出していました(それで勝てる人たちの頭が欲しい)

 

 

一方その頃の僕は…

「デッキボトムだけならまだしもデッキの順番全部なんて覚えられるわけねぇ!出来ても1試合だけだ!!」

ハンデスは確かに強力だしスペルメタ少ないキーセレならストレス少なそうだけど、リメンバ自体がめちゃくちゃハンド取り返せちゃう!何なら突然のピルルクで辛くなりそう!」

「大手のレシピは凄いし間違いなく強いけど一番好きなルリグくらい自分の手で納得いくレシピを作りたい!!」

 

といったわがまま溢れる思考から自分なりにリメンバをギミックから構築してみる事にしました

 

2.レシピ

その結果生まれ、ちまちま調整してきたものが下のレシピになります

f:id:Pakushin:20180704215935j:image

カード1枚1枚書き出すと疲れちゃうので省略します。次のところで採用理由と枚数と一緒に書くから許してクレメンス…

 

構築段階で意識したことは「毎ターン要求を重ね続け、青特有の多面防御で押し切る」という簡単なものでした

 

まあ僕カードゲームやる時は難しいこと考え続けるのが嫌だったんですよね

 

3.各カード解説

 

・ルリグデッキ

 

《リメンバ》

イラストのみで選びました。サインまで貰ってハッピー

 

《来夢の巫女 リメンバ・アリモ》

f:id:Pakushin:20180704220602p:image

f:id:Pakushin:20180704220614j:image

コインは5枚獲得したかったので1ではコインを得られるようにします。メインデッキにレベル2が多く、2のルリグをバニラにしないとコインが減るのでここで

初手のエナチャージは自由ですが、グロウコスト+アーツに必要なエナの総数が12(4の出現時混み)で、残りはレベル4シグニのアタックトリガー分あればいいのでしない事が多いです

 

《来夢の巫女 リメンバ・ヌーン》

f:id:Pakushin:20180704220946p:image 

バニラ

先述の通り、レベル2シグニが12枚とかなりの枚数入っているので、ここで下手にリミット落とすと余分に1点被弾する可能性があります

 

(2/4はコイン得るもんだと思ってました滝汗、ごめんなさい🙇‍♂️)

《来夢の巫女 リメンバ・ダスク》

f:id:Pakushin:20180704221145p:image

f:id:Pakushin:20180704221159j:image

こちらもコイン5枚得るために必要なのでこっち一択ですかね

コイン使わない構築だとバニラとかでも良さそうですがキーセレにおけるコインはかなり重要なリソースだと捉えています

 

《来夢の巫女 リメンバ・ミッドナイト》

f:id:Pakushin:20180704221501p:image

f:id:Pakushin:20180704221514j:image

ツインテール。優勝

出現時の2面凍結2ドロー、ゲーム1回の固有能力「アストロジ」による2ドローでこのルリグだけで4枚も手札を増やすことができるという点は、キーセレにおいて破格の性能だと考えています。ハンデス相手に対して手札を取り返せるというのはこのルリグの性能が大きなウェイトを占めています

また、アタックフェイズ開始時のデッキ上3枚を上か下に好きに並べ換える動きは《彩英の探求 ノーベル》のアタックトリガーの条件を調整したり、デッキボトムからの積み込みを覚えなくても《生生流転》で《アルキメス》、《ノーベル》《リソキタ》(後術)を埋めて防御面数を増やしたりできます

あと僕はフレーバーテキストの皮肉っぷりが大好きなので是非手に取って確かめてみてください

 

《ドント・ムーブ》

f:id:Pakushin:20180704222236p:image

f:id:Pakushin:20180704222242j:image

キーセレの超汎用防御。説明はもういらないかな、と

まさかこのカードが再び強いと評判になる日が来るとは思ってもみませんでした

 

《ブルー・ジャミング》

f:id:Pakushin:20180704222439p:image

f:id:Pakushin:20180704222446j:image

アーツ1枚で1面防御のアーツを採用するというのは従来のキーセレだと怪しいものでしたが、ブルー系統アーツの血を継いでいるだけあってかなり使いやすいアーツになっています

ダウン凍結してくれるおかげで返しに《アルキメス》や《マグナス》(後述)を立てるだけで要求になること、前のターンに《ミッドナイト》で調整したデッキトップのカードを確実に手札に加えることができること、手札を取り返す枚数として+1に換算できること

1面防御以上に試合展開をサポートしてくれる1枚になるでしょう

 

《イノセント・ディフェンス》

f:id:Pakushin:20180704222939p:image

f:id:Pakushin:20180704222952j:image

2面防御or1面防御と手札増強換算+2

グズ子の固有能力「ダイレクト」が健在なので必須枠です

 

《生生流転》

f:id:Pakushin:20180704223233p:image

f:id:Pakushin:20180704223249j:image

究極の多面防御を可能にするアーツ、しかも返しの攻撃にも繋がられるので非常に強力です

発動タイミングは4に乗ってからならいつでも大丈夫というくらい安定して埋めるカードを調整できます

レイラの固有能力「ドーピング」を止めるカードであるのも確かなので、相手にするときは残すようにしましょう

 

《異体同心 華代》

f:id:Pakushin:20180704223608p:image

f:id:Pakushin:20180704223620j:image

点要求を簡単にしたいので、攻撃3点分、防御2点分となってくれる華代を採用しました

2面要求は割と簡単に作れるのですが、試合中盤〜終盤にかけてレベル4以外のシグニが要求にならなくなってくるので、そいつらでも要求になるというのは使いやすいです

タマ相手には基本的にその場凌ぎの防御にしかならないので気をつけましょう

 

・メインデッキ

・LB持ち

《浴英の発見 アルキメス》

f:id:Pakushin:20180704224432p:image

f:id:Pakushin:20180704224445j:image

今回のリメンバの軸となるシグニ

《流転》で埋めたいLBNo. 1であるだけではなく、アタックトリガーとしてもその役割を遂行するハイパーカード。マジで過労死します。入れられるなら8枚積みたいくらい

4に乗ったターンには確実に2面凍結するので要求になってくれます。優先的に出したい

出現時は手札に困っていて、下に盤面に出したいシグニが逝ってしまったら使うと幸せな気持ちになります

あとシクがめちゃくちゃ可愛い…おっぱいも大きい…最強だ…!4枚

 

・《彩英の探求 ノーベル》

f:id:Pakushin:20180704225147p:image

f:id:Pakushin:20180704225155j:image

《スミスハンズ》ではなくこちらを採用した理由は

・単体(正確にはルリグ効果と合わせるだけ)で要求になる

・LBが強い

・かわいい(スミスハンズもかわいいけど)

・安い

の4点です(大真面目)。まあスミスハンズも僕はちゃんと持ってるんですけどね

構築の軸を確実に要求できる方に寄せているのでこちらを選びました。4枚

 

《空英の仮定 リソキタ》

f:id:Pakushin:20180705114101p:image

f:id:Pakushin:20180705114106j:image

ぅゎょぅじょっょぃ

あんまり盤面には立てませんが、LBが強いので2枚だけ採用

これで有効LBが10枚になるので、期待値的には1〜2枚は埋まってるやろ(ゲラゲラ)ってできます

盤面に立てておくとたまに役に立つカードです 

 

《皮英の潤滑 イグ・バナナン》

f:id:Pakushin:20180705114456p:image

f:id:Pakushin:20180705114502j:image

貴重なボトム固定+起動凍結効果

先述のハンデス軸はこいつが肝になってデッキを回転させていきます

この型では凍結手段、またボトム参照効果の補助に役立てます。2枚

 

《混英の濃度 ショクエン》

f:id:Pakushin:20180705114732p:image

f:id:Pakushin:20180705114756j:image

2枚引いて2枚埋める。つよい

《エンダカ》とどっち使うか議論はありますが僕は下に埋めても強いレベル2であること、1枚で一気に2枚引けることを強みと考えこちらを採用

事故回避と《クウキホウ》の誘発に使います。4枚

 

《箱英の発射 クウキホウ》

f:id:Pakushin:20180705115152p:image

f:id:Pakushin:20180705115158j:image

序盤の要求として採用しました。最初は《エンゲル》だったんですが、点数要求値が足りないとアドバイスを貰い採用したところ一気に勝てるようになった1枚

貴重なレベル1、4枚

 

・非LB

《験英の器具 ビーカー》

f:id:Pakushin:20180705115546p:image

f:id:Pakushin:20180705115552j:image

お手軽凍結

《アルキメス》、《マグナス》とコンビで要求できる

《華代キー》を絡めると手札を減らすことなく要求が取れます。4枚

 

《浮英の揚力 マグナス》

f:id:Pakushin:20180705115838p:image

f:id:Pakushin:20180705115844j:image

《ビーカー》とセットで点を取ってくれるシグニ。4枚

 

《溜英の蛇口 スイソーザ》

f:id:Pakushin:20180705120108p:image

f:id:Pakushin:20180705120114j:image

一番よくわからないシグニだと思われてるでしょうが僕は大真面目に採用しています

理由は相手にとって殴りたくないレベル1シグニであるため場持ちが良いこと、レベル1であることで《イグ・バナナン》や《リソキタ》が下に行っても《ノーベル》でレベル4を倒す手段となり得ること、バニラを採用しても《ユキキー》採用のデッキには踏まれてしまい、場持ちが良くなくなる可能性も考えられたことから採用しました

踏まれたら返しに《マグナス》で要求できるので、そこもいい点ではあります

もしレベル2のシグニを多くトラッシュやデッキに残せたならエナに固定してしまっても問題ありません

 

《サーバント O2》《サーバント T2》

f:id:Pakushin:20180705222510p:image

f:id:Pakushin:20180705222517p:image

レベルを足して4。気持ちがいい

グロウできる程度にバンバン切って盾守りましょう

合計8枚

 

*改案

《コードアクセル ファイトラ》の投入

f:id:Pakushin:20180705223614p:image

f:id:Pakushin:20180705223621j:image

要求値とLBがかなり強力で、今回のコンセプトと合致しているためアリかなぁと思います

赤シンボルがエナに落ちても《ブルー・ジャミング》の無1分にはなるので選択肢として頭の片隅にでも入れておいてください

難点はレベル4なので《ノーベル》と若干相性が悪いくらいです

 

4.基本的な立ち回り

 

《アルキメス》と《ノーベル》でどんどん要求していきます。

要求取れなさそうだなーと思った時には《華代キー》

アタックトリガーで攻めて来そうな相手には《ビーカー》や《イグ・バナナン》を構えつつ《ブルージャミング》打ったり

 

相手の防御が切れるまで殴り続けましょう

f:id:Pakushin:20180705222857j:image

↑マジでこんな感じ。気分はひたすらバーサーカー

 

おわりに

巷ではポーカータイプと呼ばれているらしいですね。他のルリグとの明確な差別化点は薄いですが、使いやすさは飛び抜けているので「リメンバ使ってみたいなぁ、でも覚えるのは苦手だなぁ」と少し距離を取ってしまっている方、一度お試ししてみてください

 

それでは!

 

 

質問はTwitterまで

→@pakushin_sep

質問箱もやってるんで聞きにくいことはこっちでも

https://peing.net/ja/pakushin_sep?event=0